FX外為口座は、それぞれの特徴に大きな差がある!

FXの口座を開くならどの取引業者?
アベノミクス相場に沸いた2013年初頭、FX取引者数も
株式投資者数も増加し、投資商品取り扱い業者も
各社様々なサービスを展開しています。

  • スプレッドが低い業者
  • 情報力に優れた業者
  • 自動売買が手軽にできる業者
  • バイナリーを扱う業者

特にFX取引をこれから始めようとする人たちにとっては、
何がどう良いのかなんてさっぱりわからないですよね?

そして、既に取引を行っている人も、自分の知らないところで、
色々なサービスが展開されており、ちょっと損してしまっているところもあるのでは?

そんな悩ましい口座でどこを選ぶか?
20社を比較して、そんな疑問を解決していきたいと思います。

魁!FX取引口座厳選5社ランキング情報

DMM FX(DMM.com証券)

DMMFX(DMM.com証券)はローラと清原が目印

FXアプリの「SIMPLE TRADE」など、取引ツールも人気の「DMM FX」。しかし最も特徴的なのは業界1,2位のスプレッドの狭さ!約定も特に滑ることなく、短期売買に活用できる。投資情報は少ないが、その分のコストは全てスプレッドとツールに活かされている。

総合評価

GMOクリック証券

GMOクリック証券は女優中山由香が目印コンパクトで素早い発注が可能な「はっちゅう君」は、紛れも無く必須な取ツール。その取引ツールの力を如何なく発揮できるスプレッドの狭さは業界1,2位を争う。投資情報はDMMFXと同様に弱い。ツールが使用できる端末も多いので、是非開設すべき口座の一つ。

総合評価

外為どっとコム

外為どっとコムは8年連続1位の人気証券スプレッドの狭さはドル円に限ればトップクラス。ここの特徴は豊富なマーケット情報と、多彩な講師陣によるオンラインセミナが受けられること。取引ツールも及第点だが、ここでした手に入らない投資情報もあるので情報収集口座として活用したいところ!
業界最高水準のキャッシュバックも魅力。

総合評価

インヴァスト証券(シストレ24)

インヴァスト証券はシストレ24の自動売買が特徴 もともとはスプレッドも狭く、取引ツールにも優れた業者。自己資本規制比率1120%とダントツの健全性をもち、現状つぶれようが無い。
今最も有名なのは「シストレ24」という自動売買が手軽にできること。また、有名トレーダーも参加の「リアルトレード24グランプリ」も大人気!

総合評価

LION FX(ヒロセ通商)

LIONFX(ヒロセ通商)は取引ツールが使いやすい LION FX(ヒロセ通商)の特徴はなんと言っても使いやすい取引ツール。JFXとの連携により、約定率も99.9%(!?)と非常に高く、安心して取引ができる。スプレッドも狭いので、スキャルピングにも活用できる。定期的に開催されている、笑っちゃうほど豪華な取引キャンペーンは大人気!

総合評価

当然これだけじゃない!

群雄割拠のFX市場。他にも特徴的なFX取り扱い業者は多くあります。

自分のトレードスタイルに合わせて、組み合わせながら活用してみましょう!

FXはしっかり稼ぐ戦略を練りましょう!

⇒基礎知識から分析まで
⇒計画とトレードスタイルを確立する!
⇒今日の世界の情報を知ろう!